スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の力が及ばんモノ・・・。

20代のころはなんでもできると思っていた。
愛も恋も全てまっしぐらに進んで行けばきっとゴールがくると思っていた

しかし20代後半辺りから恋愛には駆け引きが必要だと知った。

いつも居る恋人が人生の全てだと思っていた。

自分の思っていることを彼女も思ってくれていると勘違いしていた。

自分のやっていることは全て正しいと思っていた。
周りから見ればただの道化でしか無いことを悟った。

黒いところも白いところも全てがスキになればイイと思った。

でも全て受け入れる変わりに全て受けとって欲しいとも思った。

欲張りだと思った。

自分が白いつもりの真っ黒だと悟った時自分が惨めで小さい人間だと悟った。

自分のエゴに溺れてそれでも息をしていることを呪った。

自分のしている罪をこの上無く憎んだ。

許してもらうことは出来ないし・・・。

許されることは決して無いと思う。

自分が背負って行かなっければいけない重い十字架がどれだけの大きさかも知らぬまま

どこまで続くか判らない先の見えない道を只肩を落として進むしか無い。

それが俺に課せられた唯一の贖罪だから....。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

本日までのカウンター

プロフィール

リキッツ

Author:リキッツ
生息地:えひめ県
リアル職:会社員
性別:♂
趣味:FFXI、映画鑑賞、音楽、
絵を描く、ドライブ
ファッソンに凝る
一応スノボーも出来る
ウェイクボードも立てる
プラモも作るなどなど
多彩・・と言ってみるProfile


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。